[イベント]
十色会第三回セミナー

[スピーカー]
工藤 和美 (くどう かずみ) 先生

[タイトル]
空間が人を育てる

[要旨]
高度経済成長期に日本の学校の大半が、木造校舎から鉄筋コンクリート校舎に 建て替えられ、標準設計と呼ばれている均質空間を生み出しました。ところが、少子高齢化社会の到来と震災による耐震性能の確保から、現 在、学び舎の多くが急速に建て替わろうとしています。新しい時代の教育にふさわしい空間とは何か?そこで学ぶ人にも、教える人にも大きな 影響を与える空間とは何か?最新の学びの空間(学校や図書館)を紹介しながら、これからの時代を担う人々を育てる空間とは何かを、お話したいと思います。

(プロフィール)
1985年 横浜国立大学建築学科卒業、東京大学大学院に進学
1986年 株式会社シーラカンスを設立し設計活動を開始。1991年東京大学大学院 博士課程単位取得退学1998年シーラカンスK&H株式会社に改組、 代表取締役 2002年より東洋大学建 築学科教授。v 主な作品:
1995年 千葉市立打瀬 小学校 (日本建築学会賞)
2001年 福岡市立博多 小学校 (文部科学大臣賞)
2011年 金沢海みらい 図書館 
(グッドデザイン賞、世界で最も美しい公立図書館25) 他 こちら をご参照ください。

[日時]
2013年2月23日(土) 16:30開場、17:00トーク開始、19:00解散
※解散後には希望者で食事に行こうと思っています。こちらも是非ご参加ください。

[場所]
Graduate Union (以下はgoogle mapのリンクです) 

地図はこちらから

[参加費]
会員:無料
非会員:学生 2ポンド、一般 3ポンド