【題名】
犯罪や刑罰に対する日本人の意識

【発表者】
和智 妙子
PhD candidate、Social and Developmental Psychology Wolfson college、University of Cambridge
警察庁科学警察研究所

【日時】
2010年2月13日(土) 19時30分~21時30分

【場所】
Graduate Union, 17 Mill Lane, Cambridge (Silver Street の角の入り口のほうから会場に入れます)

【発表要旨】
犯罪や刑罰に対する国民意識の研究は欧米では非常に盛んである が、日本での研究はあまり見られない。そこで、今回の発表では、日本国民が犯 罪や法執行機関に対して、どのような意識や態度を持っているかを、世論調査や 国際犯罪被害調査の結果をもとに、実際の犯罪傾向や判決の傾向、欧米の国民意 識との比較などを通して議論する。